平成30年度夏季大会 発表要旨

上智大学国文学会 平成30年度夏季大会要旨

標記は、次の通りです。

大会プログラムこちらです。

梁川紅蘭と『三体詩』―近世後期における中晩唐詩受容―              中野 未緒

梁川紅蘭は近世後期の漢詩人である。夫の梁川星巌が紅蘭に『三体詩』を暗誦するように言った逸話や星巌の交友関係より、紅蘭は『三体詩』をはじめとする中晩唐詩の影響を受けていたと考えられるものの、そのことに言及している先行研究は特に見当たらない。そのため本発表では『三体詩』を中心とした中晩唐詩受容について考えていきたい。紅蘭の『三体詩』受容は、『三体詩』の句の意味をそのままに借用しているものと、『三体詩』の自身の不遇や世の中の乱れを嘆いている句を、意味を逆転させて用いているものに分けられる。また紅蘭の『三体詩』以外の中晩唐詩の受容について、館柳湾が刊行した中晩唐詩の詩集に載っている詩が典拠として用いられているものがいくつかある。紅蘭が館柳湾の刊行した詩集に影響を受けていたという可能性を示していきたい。

 

マニラ版『ロザリオの経』の典拠について                     岩澤 克

マニラ版『ロザリオの経』はドミニコ会士Juan de los Angelesによって編纂され、1623年にマニラで刊行された修徳書であり、種々の奇跡譚を収録する。これは当時の欧州に広く流布する奇跡譚を編纂・翻訳したものと考えられ、各章段末尾に付される注記から、その著者名が窺える。その注記に挙げられる各著者の文献と内容や形式が一致しており、それらを典拠とする可能性が想定される。

最も多く名が挙げられるIoan Sagastizabalの著作『Exortacion a la santa devocion del Rosario de la Madre de Dios』は特に重要と考えられる。最も注目すべきは、『ロザリオの経』注記において、Sagastizabalの名が見えない章段においても一致が確認されることであり、その一致は巻4のほぼ全ての章段に渡る。このことから、『ロザリオの経』巻4の典拠は Sagastizabalの著作か、それを継承した文献であり、『ロザリオの経』は多様な著者名を挙げながらも、既に欧州において編纂されていた文献を孫引きする形で成立したものである可能性を指摘する。

 

風景論の移譲 ― 志賀重昂以後                          木村 洋

一八八〇年代後半から一八九〇年代の文学史は、経世家の顔と文学者の顔を併せ持つ、硬軟混在型の言論人の活躍によって特徴づけられる。その代表が志賀重昂だった。特に志賀の『日本風景論』(一八九四年)は硬派知識人の手になる新たな文学的成果として注目を集める。その革新性は、風景観(美意識)の複数性を考慮しつつ、操作的に既知の風景観の解体と再構築を推し進めねばならないという自覚の鮮明さにあった。そして後続の国木田独歩をはじめとする文学者たちは、濃厚な政治意識に染まっていたこの「風景論」という営みを、いっそう非政治的な自分たちの世代の気分にとって都合がよいように再加工し、所有し直した。ここに志賀の世代から非政治的な後続世代への新知見の移譲の儀式を確認できる。一連の経緯は、明治中期の表現と思想の歴史の発展形態を典型的に示す一例として注目に値する。

 

藤原宇合の風土記関与                              瀬間 正之

藤原宇合が『常陸国風土記』と『西海道風土記』に関与した可能性について、宇合の年譜を押さえながら、次の三点からさらに進めて追究していきたい。第一に『常陸国風土記』の「郷」字の出現箇所の検討である。『常陸国風土記』は多く「里」字を用いる中で数例「郷」字が使用されている。その理由を明らかにするところから宇合の関与を確認したい。第二に『西海道風土記』における平仄の問題である。『懐風藻』所載の宇合の詩序が平仄を整えているのに対して、『常陸国風土記』は、平仄に関して配慮されていない。それに対して『西海道風土記』では、平仄を配慮して書かれた箇所が認められる。この意味を問い正したい。第三に、改めて『西海道風土記』『常陸国風土記』『懐風藻』所載宇合作品に共通に用いられる語の検討を通して、宇合が風土記に関与した蓋然性をさらに高められれば幸いである。

平成30年度夏季大会 大会案内

上智大学国文学会 平成30年度夏季大会

標記は、次を予定しています。

発表要旨こちらです。

日時
2018年7月7日(土)13:30〜
会場
上智大学 7号館14階特別会議室
研究発表(13:40〜)
「梁川紅蘭と『三体詩』―近世後期における中晩唐詩受容―」
2018年上智大学国文学科卒業  中野 未緒
「マニラ版『ロザリオの経』の典拠について」
国立国語研究所プロジェクト非常勤研究員・上智大学非常勤講師  岩澤 克
「風景論の移譲 ― 志賀重昂以後」
上智大学文学部准教授  木村 洋
「藤原宇合の風土記関与」
上智大学文学部教授  瀬間 正之
総会(17:00〜)
土田賞表彰式
上智大学国文奨学金授与式
懇親会(18:00〜)
上智大学 2号館5階教職員食堂
会費 4000円
卒業生の方の御参加を歓迎します。

平成29年度冬季大会 要旨

上智大学国文学会 平成29年度冬季大会要旨

標記は、次の通りです。

発表要旨
芥川龍之介「芋粥」論―侍たちにおける他者の不成立―
上智大学国文学専攻博士後期課程  木村 素子
 芥川初期の作品である「芋粥」(大正五年九月)は、これまでの先行研究において、主人公・五位を集団内の弱者と位置づけ、集団における悪意等を指摘する論が提出され、支持されてきた。
 本発表では、五位の精神性に注目し、集団内の関係性について考える。五位は自己完結的な精神構造を以て、自身の置かれた状況に対して認識を深めず、自己の精神を守りながら生きている。この姿勢は五位の精神を守る一方で、無抵抗であるとして同僚たちの攻撃を助長させてしまう。同僚たちは五位を虐げる構図を維持することで優越感という精神の充足を得、さらには、五位の存在に自らの欲望を感じ取り、他者としての五位を認識していないことが指摘できる。藤原利仁との関係性についても、他の侍との関係の考察をもとに再考し、作中人物個々の精神性を踏まえて、相互に絡み合った集団内の関係性に言及し、そこに示される、〈加害に対する順応〉という問題を読み解いていくものである。

 

『古今集遠鏡』における「飽かず」の訳出をめぐって
都留文科大学・フェリス女学院大学非常勤講師  遠藤 佳那子
 本居宣長『古今集遠鏡』(寛政五年成立)は、『古今和歌集』を俗言(当時の口語)で訳した書物である。本発表は、本書における「あかず(動詞「飽く」+打消の助辞「ず」)」の訳出に着目し、以下のことを指摘するものである。第一に、本書の助辞の訳出には一定の規範性が認められる。第二に、その一方で「飽かず」は分析的に訳されず、ひとつのまとまった表現として訳出され、なおかつその俗言には一定の傾向が見られる。さらに、その訳語は近代の語釈との関連が示唆される。従来助辞の単位で研究されてきた『古今集遠鏡』の俗言だが、連語的な単位で分析することが必要であること、また、それによって古典語の研究史上に新しい知見を得る可能性があると考えられる。

 

パネル・ディスカッション要旨
「日本辞書言海」の解剖
上智大学文学部教授  豊島 正之
 大槻文彦「日本辞書言海」(明治二十二~)は、上智大学で全文の電子化が完了し、その隅々までの精査・対比が可能になった。例えば、語釈中で他を参照させる「~に同じ」と「~といふに同じ」、「~を見よ」と「~の条を見よ」、又は「~の類・種・属」の差など、一見それぞれ大差の無い行文に見えるが、実は「言海」内では明確な区別又は分布が存する事、「言海」が語表記として区別する「和・漢・和漢の通用字」と見出し語としての掲出との関連などは、この全文の電子化に基づき、上智大学大学院生・学生諸氏が指摘するに至ったものである。
 今回のパネル・ディスカッションは、貞苅伊徳「新撰字鏡の解剖」の顰みに倣い「日本辞書言海の解剖」と題し、「言海」の専門家として高名である卒業生二氏の参画をも得て、この日本語近代辞書の嚆矢を、主としてその語釈構造に更に解明を加え、併せて、辞書論への新しい方法論の模索ともなる事を期するものである。

    

平成29年度冬季大会 大会案内

上智大学国文学会 平成29年度冬季大会

標記は、次を予定しています。

日時
2018年1月20日(土)13:30〜
会場
上智大学 6号館(ソフィアタワー)3階302教室
研究発表(13:40〜)
「芥川龍之介「芋粥」論
   —侍たちにおける他者の不成立—」
上智大学大学院博士後期課程  木村 素子
「『古今集遠鏡』における「飽かず」の訳出をめぐって」
都留文科大学・フェリス女学院大学非常勤講師  遠藤 佳那子
パネル・ディスカッション(15:20〜)
「「日本辞書言海」の解剖」
パネリスト        実践女子大学教授  湯浅 茂雄
        光塩女子学院中・高等科教諭  佐野 摩美  
    上智大学大学院文学研究科特別研究員  岩澤 克
        上智大学大学院博士後期課程  中野 遙
                     上智大学在学生
司会          上智大学文学部教授  豊島 正之

要旨

懇親会(18:00〜)
上智大学 2号館5階教職員食堂
会費 4000円
卒業生の方の御参加を歓迎します。

    

平成29年度夏季大会 大会案内

上智大学国文学会 平成29年度夏季大会

標記は、次を予定しています。

日時
2017年7月1日(土)13:30〜
会場
上智大学 7号館14階特別会議室
研究発表(13:40〜)
「西海道風土記・乙類のめざした記述
   —歌謡の字音仮名に表れた甲類との差異—」
上智大学大学院博士後期課程  宮川 優
「梶井基次郎「檸檬」論—《病》を生きる—」
上智大学大学院博士後期課程  村山 麗
「吉文字屋本浮世草子の一側面
   —白話小説の利用を中心に—」
日本学術振興会特別研究員・上智大学非常勤講師  丸井 貴史
講演(16:00〜)
「「〈百済=倭〉漢字文化圏」再論」
上智大学文学部教授  瀬間 正之

     

総会(17:00〜)
土田賞表彰式
上智大学国文奨学金授与式

    

    

懇親会(18:00〜)
上智大学 2号館5階教職員食堂
会費 4000円
卒業生の方の御参加を歓迎します。

    

    

標記は、予定通り開催致しました。

平成28年度冬季大会 大会案内

上智大学国文学会 平成28年度冬季大会

標記は、次を予定しています。

日時
2017年1月21日(土)13:00〜
会場
上智大学 図書館9階911会議室
研究発表(13:00〜)
「壬申紀の成立 ―日本書紀の句読と文体意識―」
           上智大学大学院博士後期課程  葛西 太一
「バカリダ諸形式の整理―いわゆるアスペクト用法のものを中心として―」
         ノートルダム清心女子大学准教授  星野 佳之
「上代日本語のイ列乙類の音声的特質について」
                韓国仁荷大学校教授  高 秀晩
シンポジウム(15:20〜)
「『源氏物語』―解釈と教授法」
    パネリスト 立教女学院中学校・高等学校教諭  荏原 昂拓
            神奈川県立柏陽高等学校教諭  海沼 孝之  
      福州大学外国語学部兼職教授/特聘副教授  越野 優子
               上智大学文学部准教授  本廣 陽子
    司会         上智大学文学部准教授  本廣 陽子

    

懇親会(18:00〜)
上智大学 紀尾井坂ビル5階会議室2
会費 4000円
卒業生の方の御参加を歓迎します。

    

『上智大学国文学論集50』刊行予定